FAQ

よくある質問とその回答です。

よくある質問とその回答

よくある質問を掲示していきます。こちらに書かれていること以外でも気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

セミナーについて

臨床栄養医学指導士コースあるいはスポーツ栄養医学指導士コース受講中ですが、スタディー&スポーツ栄養医学指導士コースに変更は可能ですか?
受講期間中であれば、セットコースに変更することが可能です。その場合、受講料は差額のみとなります。変更する場合は協会ホームページからお問い合わせ下さい。
スタディー&スポーツ栄養医学指導士コースは同時期受講可能ですか?
スタディー&スポーツ栄養医学指導士コースを受講する場合は、一般的には臨床栄養医学指導士コースを受講してからスポーツ栄養医学指導士コースを受講することをお勧め致します。
例えば、臨床栄養医学指導士コース第3期(10~12月)を受講し、臨床栄養医学指導士を取得後にスポーツ栄養医学指導士コース第4期(2~4月)を受講する。
(スポーツ栄養医学指導士コースは栄養学生・栄養士・管理栄養士・臨床栄養医学指導士のみ受講可能のため)

しかし、栄養学生・栄養士・管理栄養士の方は、臨床栄養医学指導士コース第3期(10~12月)とスポーツ栄養医学指導士コース第3期(11~1月)を同時受講することも可能です。

【コース日程】
臨床栄養医学指導士コース:第1期:4~6月,第2期:7~9月,第3期:10~12月,第4期:1~3月
スポーツ栄養医学指導士コース:第1期:5~7月,第2期:8~10月,第3期:11月~1月,第4期:2~4月
栄養学に対して知識がないのですか、ついていけるか心配です。
栄養学を学んだことがない方でも、安心して受講できるようなプログラムになっていますのでご安心ください。
これまでに予備知識がない方でも、質の高い栄養指導レポートを作成し、実際に仕事に活かしている方が多数いらっしゃいます
毎週日曜日は予定があり、参加できない日が多いのですが問題ないでしょうか?
リアルでセミナーに参加できなくても、録画をいつでも好きな時間・場所でご視聴できますので問題ありません。
不明点があった場合でも【質問掲示板】と【ZOOM質問タイム】で気軽に質問することが可能です。
※毎週火曜日21:00?22:00に質問だけの時間を取っています
ご自身のペースで学習を進めて頂くことが可能です。
全体的な流れを知りたいです。
リアルセミナー全12回は3ヶ月で終了します。セミナーを全て受けて頂いた後は認定試験に移ります。認定試験は栄養指導レポートの作成となります。症例情報をお伝えしたしますので、その情報を元に栄養指導レポートを作成して頂きます。
合格であれば臨床栄養医学指導士R?として協会内でセミナー講師・栄養コンサル業務を行い、経験・実績を積んで頂きます。(強制ではありません)
いつまでにセミナー受講を終えなければいけないなどの期限はありますか?
認定試験は受講日から半年以内に受けて頂きます。
それまで質問掲示板の利用やZOOM質問タイムの利用も可能です。
認定試験はどのような試験ですか?落ちますか?
認定試験は症例レポートを作成して頂きます。症例情報をお伝えし、その情報をもとに資料を作成して頂きます。もし不合格だとしてもフィードバックした後に再提出して頂きます。しっかり食事指導レポートが作成できるようにフォローしますのでご安心ください。

【臨床栄養医学指導士®取得後について】

仕事が忙しく協会内での講師業が難しいかもしれません。申し込んでも大丈夫ですか?
協会内で講師業やコンサル業を積んでよりレベルアップして欲しいですが、強制ではありません。
活動する時期なども個人で選択できますので、空いている時間を有効活用して頂ければと思います。
資格取得後にさらに知識やスキルを深める機会はありますか?
資格取得後は協会内でセミナー講師としての活動、栄養コンサル業を行う場所を用意しています。
現在「アトピーセミナー」「妊活セミナー」を用意していますので、この2つのプロフェッショナルになって頂きます。
レクチャー動画を視聴して、さらに専門性を高めてもらいます。
その他にも症例検討やブラッシュアップセミナーなどを定期的に行いますので、継続して栄養の知識を高めていくことができます。
年会費や入会費など、資格取得後にかかる費用などはありますか?
資格取得による年会費、入会費は一切かかりません。

「さらに栄養の知識を深めたい」
「経験・実績を積んでビジネスに活かしたい」

そのような方のために月々980円のオンラインサロンを用意しています。

【オンラインサロン内容】
  • 協会でセミナー講師としての活動
  • 栄養コンサルの紹介
  • 有料NOTEを全て無料で閲覧可能
  • 質問掲示板使用可能
  • 毎週火曜日ZOOM質問タイム
  • 栄養コンサル無料
  • ビジネスコンサル無料
  • ブラッシュアップセミナー無料受講
  • HPに講師として記載(URLもOK)

お支払いについて

受講料を分割払いにできますか?
分割でお支払い頂けます。

【銀行振り込みの場合】
申し込みから1週間以内に指定する口座に半額分お支払い頂きます。その2ヶ月以内に残金をお支払い頂く形で分割払いとします。

【クレジットカードの場合】
受講料をお支払い後に分割でのお支払いすることが可能です。
分割回数の設定、分割手数料、利用額に関しましてはご利用のクレジットカード会社にお問い合わせ下さい。
領収書が欲しい場合はどうしたらいいですか?
お問合せで領収書発行希望とお知らせください。メールにPDFデータにて領収書をお送りいたします。

資料の引用について

引用ルールについて教えてください。
協会の資料はPDF、パワーポイントで配布します。
(パワーポイントデータは認定試験合格時にお渡し)
引用ルールを守って頂くことで、資料を自身のセミナー活動などに使用することができます。
引用ルールを守って頂けない場合は適切な処置を取らせて頂きます。

【引用ルール】
1.引用元の記載
引用元の記載
このように右下に【引用:臨床栄養医学協会】あるいは【出典:臨床栄養医学協会】と引用元がわかるように記載して下さい。

2.肩書きの記載
肩書の記載
セミナー資料の自身の肩書きを記載する部分に「臨床栄養医学指導士」と資格名の記載して下さい。

3.ネット上での使用について
ブログ、SNSなどのネット上での資料の使用については細心の注意をお願い致します。情報漏洩により価値が下がる可能性があります。
引用する場合は、「引用元の記載」「肩書きの記載」とともに、引用する情報量が全体の資料の5割を超えないこと。
さらに、一つの記事・投稿で引用できるスライドは3枚を上限とします。(状況によると思うので相談してください)情報漏洩に気をつけて引用をお願い致します。

4.クローズドな場での使用について
(料金が発生するセミナーや個人的な集まりでの無料セミナーの場合)
「引用元の記載」「肩書きの記載」とともに、引用する情報量が全体の資料の5割を超えないようにお使いください。枚数制限は特にありません。
例えば、全体で100枚のスライドであれば、引用資料は49枚まで。

※引用はあくまで自身のコンテンツを補強するものであり、字補助的な役割を担うものです。引用コンテンツが主体となっている場合は「引用」ではなく「転載」の扱いとなります。「転載」とならないように引用が5割を超えないようにして下さい。

5.資料の変更について
資料はppでお渡しするので、自身で内容を変更することができます。
修正したががほぼ内容が変わらない場合は
「引用:臨床栄養医学協会(一部改変)」と記載してください。
大幅に内容が変更され、結論が異なる場合は引用元の記載は必要ありません。

6.論文の使用
セミナー資料に多数の論文を載せています。論文を使用する際には「引用元の記載」「肩書きの記載」などは必要ありません。
論文の使用に対するルールを独自で守って使用してください。

7.配布資料について
引用した資料を配布する場合、「引用禁止」と記載するようにして下さい。

詳細等、詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせください。